わすれなそら

 

空は明日へ廻るよ ひとり置いてかれるよ
想いは宙に浮かぶよ 私はまだ弱いから

不動に進む時よ 私を連れてってよ
今私はどこだよ 迎えにきてよ

なぜ太陽は沈むの なぜ茜に染まるの
なぜ心が溢れるの 私が強がってたから

笑うのは得意なんだ だから君は気づかないんだ
きっとそれで良かったんだ 何もかもが元通りだ

空は明日へ廻るよ 今日を忘れてくよ
何も無かったことになるのは 嫌だよ
嫌だよ

あの日 無邪気に笑う私は 知らない誰かを
こんなふうに無意識に 傷つけてたの

なぜこんなに痛いの なぜこんなに孤独なの
なぜ誰かを憎むの 私は本当はこんななの

捨てるのは苦手なんだ 食べ残しもガラクタも
取るにたらないくだらない欠片だって 私だ
すべて忘れたくて すべて忘れたくないんだ

空は明日へ廻るよ ひとり置いてかれるよ
想い出が濁るよ 何もかもが手遅れだ

なぜこんなに痛いの なぜ君を傷つけたの
また今日という日が終わるよ 終わっちゃ嫌だよ

笑う君が見たいよ 私に笑ってよ
すべて忘れて 空は明日へ廻るよ
廻るよ