いちばんぼし

 

見上げてるよ 君のいた場所で
指差した東の空を 君のいる空を

なぜ寂しそうなの 茜に染まって
輝いてる一つ星は 君のいる空は

思い出して 大切な日々を
あの時の一番星を 変わらない空を
見上げてた

寂しそうだよ 深い碧の中
さまよってる一つ星は 君のいない空

覚えていて ほんの少しだけ
想い出の一番星を 変わらない空を
見上げてる

覚えていて 大切な日々を
また今日も一番星を 君のいる空を
見上げてる